空室対策のポイントは差別化

空室対策のポイントとなるのは「差別化」です。現在空室になっている要因の多くが、近隣の物件と似たような家賃、間取り、設備です。似たような物件ということは、言い換えれば近隣の他の物件で代替されるということでもあります。

差別化」するための空室対策と言っても、募集条件の見直しや新規設備の導入など様々な対策があります。差別化すれば何でもいいというわけではなく、その物件の特性、エリアのニーズ等を踏まえ、空室対策を行うことが大切です。

当社では、100個近くの空室対策の中から、費用をかけずにできること、または費用の割に効果の高い「費用対効果」を重視した対策を優先して実施いたします。

初期費用ゼロプラン

お部屋を借りる時、入居者様は「敷金」「礼金」「前家賃」の他にも「保証会社保証料」「仲介手数料」「保険料」「鍵交換料」など色んな費用を支払う必要があります。しかし、貸す側のオーナー様はそのことを知らないケースも少なくありません。このプランは長期入居を前提に「家賃は安いけど初期費用がちょっと払いきれない・・・」という入居者様の負担を軽くするために「仲介手数料」や「保証会社保証料」等の費用をオーナー様が負担し、入居者様は「初期費用0円」でお部屋が借りられるというプランです。(※引越費用は別途かかります。なお、あくまで長期入居を目的としているため、短期解約違約金の設定があります)

モデルルーム

お部屋探しの内見時、当然ですがお部屋には家具も家電もありません。入居者様は「この部屋、今持っている家具入るかな・・・」「家具入れたら狭くないかな・・・」「新しい家具買おうかな・・・」「どんな感じの部屋にしようかな・・・」など色々と想像し計画されます。空室のお部屋に家具・家電等を設置しモデルルーム化することで、部屋の雰囲気や広さがより具体的になり、引越し後の生活がイメージしやすくなります。

リノベーション

「リノベーション」とは、既存のお部屋に大規模な工事を行うことで新たな機能や利便性の向上を図り、価値を高めることを意味します。築年数が古くなると、建築当時のニーズと現在のニーズの乖離が大きくなることで、人気がなくなり、空室期間が長期化します。そこで、現代のニーズに合わせた間取り変更やデザイン性の高い内外装にすることで生まれ変わります。

サブリース

賃貸経営の最大のリスクである「空室リスク」を回避するための方法で、サブリース会社がオーナー様の物件を全部屋一括で借り上げることで、仮に空室があってもサブリース会社からオーナー様へ賃料収入が入ってくるシステムです。メリットとしては、上記の他に滞納リスクや管理の手間がほぼかからないというところです。ローン返済がある方や本業が別にある方へのメリットが大きいと思われます。逆にデメリットとしては、「賃料収入が最大化できない」や「約定賃料の見直し」、「入居者が選べない」、「サブリース会社の倒産」などが考えられます。当社では東証一部上場の日本管理センター株式会社とパートナー契約を結ぶことで、様々なオーナー様のお悩み解決策の一つとしてご提案します。

お問い合わせはこちら